VY1とVY2

気分転換で新曲と関係ない事でももっとブログを使おうと決めたから、とりあえず今月のVYの日のためにちょっと話したいと思いました。

実はボカロにとって、普通に「うちの子」みたいな事を話すのに心配して、自分のイメージがあっても作曲する時あまり考えてなくて、絶対に関係あると考えさせたくないです…全体的に他のみんなが自分で私の音楽を解釈して欲しいけど、そもそもキャラのないVYなら逆に私の描写をもっと詳しく説明する方がいいと思いました。

もちろん自分の描写を好まないなら結構です( ´ ▽ ` )楽しいと思っただけです。それで一年前に描いたデザイン補足をまた描きました。(絵にはまだまだなのでちょっと目障りかもしれなくてすみません…)

概念は付喪神っぽくて「本体」はパッケージの物で、キャラは「人間の姿になったら」というイメージです。

VY1V4です。私の描き方で見るのがちょっと難しいかもしれないけど20代の女に見えて欲しかったです。

よく見えると、このヘアスタイルはあまり現実的じゃないと思います(笑)VY1V4のパッケージイラストは伝統的な面も近代的な面もある感じからそういうイメージを見せたかったです。パッケージイラストと同じ簪もあまり現実的に見えそうにもないのでシンプルのままで残ったけどちょっとオーラが出ています。

眼鏡は自分の好みだけです。最初に眼鏡無しに描いたけどかけさせたらもう外せなかったです…( ´ ▽ ` )付喪神はそもそも眼鏡をかける必要がないから多分偽物だと思います…

VY2V3のデザインはVY1V4より単純で、何度も変化してみたくてももっと煩雑な物で満足できなかったです。しかしVY2V4が出たr

全体的にVY1とあまり違わないけどやっぱり男を描くのに苦手です_(:3」∠)_

考えるのが面白い事だけが、この二人を一緒にすればなんかボケとツッコミしか考えられないです…VY1の声は明るくて強くてときどき(特にV4で)ガキっぽい所があるし、VY2の方が素直な感じです…しかし頭の中のイメージだけです( ´ ▽ ` )


ちょっと脱線だけど話があります。

VY1と2は私の初めてのボカロで心で大切にするけど最近あまり好きに使えないです…2014年ぐらいに日本語にまだ苦手だったので日本語で歌詞を書くのにもう安心できなくて、VY1かVY2を使ったら架空言語しかなかったです…最近上手になるために、結局満足できなければ英語に戻れるのでMEIKOとKAITOでまた日本語歌詞を試してみています。そしてもしかしたらあの二人でも…

とにかくこれからもっと使いたいから時間か機会があれば頑張ります。

Posted in 資料, VOCALOID.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です