商人と遠い町

まあ、誰にもよくあることだと思います。旅行のためとか、新しい場所とか新しいコミュとか見つけて、短時間だけで残るつもりで滞在するけど、似合うすぎたから体が立ち去っても心が残っている、と…

実は歌詞の物語に詳しい設定を考えた(歌詞に全部入れなかったから残念だと思うけどいろいろな小さい言及がまだ残る)けど結局これは伝えたかった肝心のテーマです。物語の後は…普通の人生で進んで、遠い記憶だけのままで行くのか?耐えれないと決めて、生き方を壊してすぐに戻るのか?それとも忘れずいつも心に持って、いつか戻るために全部終わる時まで待つのか…?みんなが自分で何が正しいと決める方がいいと思います。

だからモチーフは「愛された人と愛する人々」です。愛されるのは本当に素晴らしいと思います。

ニコニコ動画版にはRelixirVIIさんに字幕の翻訳を頼みました。イラストは山葵さんからです。結局この曲に普通より意欲になったのでたくさんの人に頼んだから皆さんに本当にありがとうございます。